FC2ブログ
福岡市東区JR香椎駅前 鍼灸治療院
乳ガンは自分で探そう!
2008年05月12日 (月) | 編集 |
乳ガンはセルフチェックで見つけることができます。

『毎月自分でチェックしてる人が発見する確率のほうが
専門医を受診して発見されるより高い。』
というデータもあるくらいです。

20代後半あたりから始めましょう。
20代は発症率は少ないですが、悪性度の高い若年性の
ものをチェックできるとさらに安心です。

30代からは毎月かならずセルフチェック。
タイミングとしては生理が終わって4・5日後がベストです。
これに40代からはマンモグラフィーを年1でやればかなり
早期に発見することができます。

●ここで乳ガンのハイリスク群のおさらい
1.初潮のはやかった人 
2.未婚または晩婚の人 
3.出産経験がない又は少ない 
4.授乳期間が短い人 
5.高齢出産の人 
6.遺伝素因(身内に乳ガンの人がいる) 
7.肥満(高脂肪、高蛋白)の要因を持つ人 
8.喫煙

欧米型の生活様式になり、日本でも増えてきています。

せっかくチェックしてもやり方が間違っていては
なんにもなりません。正しいやり方をおぼえましょう。

○視診
鏡の前に立ち、まずは両腕をさげたまま左右の乳房を見て
乳房の形、乳首の姿などを覚えておきます。
つぎに両腕を真直ぐ上げ(または頭の後ろで組み)胸をはり
「乳房のくぼみ」「ひきつれ」「でっぱり」「乳首のへこみ」
「乳首のただれ」「乳輪の変色」などがないか見て調べます。

○触診
乳房を手のひらで軽くおしながら円を描くように動かします。
特に乳房の外側の上部は乳腺が多くガンになりやすい場所なので
念入りにチェックしましょう。ただし強く押し過ぎるとかえって
感覚がつかみにくくなります。
(コンニャクの下に大豆を置き上から触った感触が近いとされています)
また、乳首を軽くつまみ、異常な分泌液(血など)がでないか調べます。

●ポイントは
乳房にシコリがないか
乳房にくぼみや、ひきつれがないか
乳首の異常(へこみ、ただれ)がないか
乳首から異常な分泌液(血など)がでないか

毎月チェックしてると小さな違いにも気付きやすくなります。

乳ガンは自分で早期発見できる唯一のガンです。
しかも、初期ならかなり高い確率で完治できるガンです。

みなさんもぜひセルフチェックをはじめてみてください。
習慣にし早期発見すれば、乳ガンもこわくありませんよ!

スポンサーサイト