FC2ブログ
福岡市東区JR香椎駅前 鍼灸治療院
メタボリックシンドローム
2008年05月12日 (月) | 編集 |
最近よく耳にするようになった、メタボリックシンドローム
(代謝異常症候群)は、腹部肥満(内臓脂肪の蓄積)の指標と
なるものですが

●腹部周囲径が、男性で85センチ、女性で90センチ以上
にくわえ
○中性脂肪150mg/dl以上又はHDLコレステロール40mg/dl未満
○血圧  130/85mmHg以上
○空腹時血糖  11050mg/dl以上

以上3つの危険因子のうち2つ以上あてはまる場合をいいます。


わかりやすくいうと、内臓に脂肪がつきすぎて、動きが悪くなり
その結果、本来の機能である、食物の消化、分解、吸収の能力が
落ちてしまった状態をいいます。

人間だって、太ったり、あまりに洋服を着込みすぎてモコモコ
だと軽やかに動けなくなりますよね?あれと同じです。

そうして内臓についてしまった脂肪のせいで、ますます脂肪は
分解されずに残ってしまうという、悪循環になってしまいます。

このメタボリックシンドロームという言葉を聞くようになる前から
「肥満」「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」は『死の四重奏』
と呼ばれていました。リスクの高さは警告されていたのです。

内臓脂肪は、最終的に「心筋梗塞」「脳卒中」などの命にかかわる
病気のひきがねにもなりかねません。

しかし、まだ軽い初期段階なら自分で治すことができるものです。

食生活を見直し、あまりに高カロリーな食事は改善すること。
加えて、適度な運動、ストレスの軽減、そして喫煙者なら
いまからでも禁煙することでかなりのリスクを減らせます。

それぞれの疾患がひどくなれば、ずっと薬を飲み続けるという
生活を強いられるコトにもなりかねません。

それよりは、歩く、食事に気をつける、タバコをやめる
といった、まずはちょっと気をつけることで出来ることから
はじめてみませんか?

こうした生活習慣の延長にある病気はじっくりつきあって
いくことのできる鍼灸治療がむいています。


スポンサーサイト